10月20日(日) すでに昨日、中央道も復旧して先週たどり着けなかった大月にも行けるようになったようで。
そこで、あえて中央道は使わずに山梨まで行こうかと。
道志みちとその周辺はまだまだ通行止めのようで、国道20号も大月から先が通れない。
一般道を使うとなると大菩薩ライン(国道411号)しかなさそうです。

朝5時前に出発して、青梅のマックで朝飯兼休憩をして奥多摩を目指します。
小河内ダムがドバドバ放流しているのを横目に(写真なし)ひたすら走って、奥多摩湖を7時すぎに通過。
ここまで、特に通行規制などなく順調です。さらに山梨に向かいます。

丹波山を過ぎたあたりで最初の片側交互通行。
1_0000
2_0000
道が半分なくなっていました。

で、この後も特に何事もなく柳沢峠を通過。
この先は高規格の道になるので、問題なしと思ったら、
3_0000
土砂流出箇所あり。気を付けましょう。

交通量もほぼなく、結局、とても順調に山梨まで来れてしまいました。
ただ、山を下り始めたら濃霧がひどかった。
4_0000
カーブの先が見えない。

5分くらいで濃霧はおさまりましたが、この後、ほったらかし温泉までずっと微妙な霧。
しかし、道・天気がこんな状況でも、結構ライダーさんがいました。
IMG_20191020_080148
写真の左側や後ろにも5台以上。
ちなみに、お風呂からの展望は、盆地が白一面で何も見えませんでした。