日曜日、太平洋側は天気が良さそうなので、地図で見つけた鯛焼きやを目指してツーリング。

行きがけ、初めて日本平に寄りました。
DSC_0244
地元のライダーさんの交流の場のようです。
すでに気温は30度近いと思われ。暑い。

目的地はこんなところ。
DSC_0252

旧というか大昔の東海道の丸子峠あたりです。
すぐ横にきれいな沢が流れ、木陰で涼みながら鯛焼きの焼き上がりを待ちます。

この鯛焼き屋によれば、一つの金型で鯛焼き一つ焼くのが天然物。いっぺんに5個くらいやくタイプを養殖物と表現してました。
3サイズ売っていて、いちばん大きいやつは持って帰れないので、26cmのものをお土産に購入。
DSC_0253
大きさが伝わりませんが、メーター横幅よりもずっと大きい。
ふつうの鯛焼き5,6個分くらいかな?

片道200kmで鯛焼き一つってのもなんなので、自然薯のとろろで昼食。
この辺りの名物です。
DSC_0257
DSC_0258
有名どころで丁字屋(ちょうじや)。
駐車場には係りのおじさんがいて、バイクを止める場所はこちらに。
DSC_0254
最初に台数を聞かれたので、マスで行っても対応可なのだと思います。

一番安い(オーソドックスな)「丸子(まりこ)」1,540円。
とろろ、麦飯、漬物、みそ汁。
DSC_0256

御櫃にいっぱいの麦飯、お替り自由。
お替りせずとも、3膳も食べられてお腹いっぱいです。

昔は、さらに鰻の一本焼きを食べるのが通例だったのですが、もう胃袋の元気はありません。
これは一年前の写真。
IMG_20200620_115321


暑いので富士山の麓を経由して標高のあるルートを選びながら帰宅。