ツーリングときどきキャンプとか

ツーリング日記と、たまにキャンプツーリング日記。メンテナンスなども書いていきたいと思います。

フルーツライン

フルーツライン(半分)と吉田のうどん

日曜日は天気が回復する予報だったので、道路が乾き始めたところで家を出て、奥多摩方面へ出発しました。
青梅近くのジョナサンで朝メシ食べながら、秩父方面に向かうか、山梨方面に向かうか悩みましたが、行きなれた山梨方面へ決定。

8時過ぎに小河内ダム(奥多摩湖)の奥側の駐車場に到着。
IMG_20190616_080908
奥多摩湖は夏の静かな湖畔という感じ。
IMG_20190616_080941

ちなみに、駐車場内は手を入れた旧車やら、痛車やら、朝8時というのに常連と思われる方々がたくさん集まりつつあり、にぎやかな感じでした。
一人でゆっくりしたいなら、ダム横の駐車場の方が良さそうです。

そういえば、奥多摩手前の青梅街道をショートカットする愛宕トンネル内下り方面で、スピード違反取締りのレーダー張っていました。
ちょうど、軽自動車にくっついていたのと、対向車がパッシングしてくれたので何ともなかったのですが、あそこはヤバイですね。50km/h制限なので、簡単に違反できちゃう。

天気の方は大分回復してきて、路面も日陰以外は乾いてきたところで、たまには柳沢峠で富士山でも眺めようかと停車。
IMG_20190616_085602
真っ白です。

ここから下っていく途中で、次第に雲が晴れていきました。30分くらい待っていたら、晴れたと思います。

峠を下ってから、フルーツラインに入り、ちょっと奥までいった辺り。
IMG_20190616_092358
雲も晴れて、すっきり良い天気。

今回のルートは、国道411号(大菩薩ライン)からフルーツラインに入り、ちょっと逸れつつ、盆地の北のふちを走りました。

地図上、A地点から、B地点の道の駅まちおかまでは2車線でのんびり走れます。

道の駅まちおかの雰囲気。
IMG_20190616_092834
売店、スナックコーナーと農産物直売所がありました。朝9時から営業。

「ど根性ガエル」をリアルタイムで見ていた人って、大分減ってますよね?
私は見てましたが・・・。
IMG_20190616_093242

フルーツラインに戻り、C地点からD地点までは、1.5~狭い2車線で見通しも悪い道です。
農家の方が車を道端に止めていることも多いので、よくよく気を付けて走る必要がありました。

D地点以降は、広くて眺めも良いワインディングです。
農道ですから土が散乱していたり、開通から時間がたった箇所はギャップが大きくなっていたりと、路面に気を付ける必要はありますが、ところどころ眼下に広がる盆地を眺めながら気持ちよく走れます。

途中の展望スポット。
IMG_20190616_095457

フルーツパークでトイレ休憩&家族へのお土産購入して、出発。
フルーツラインから降り、国道137号を通って富士吉田に向かいます。

国道137号での峠超えですが、北側からのアクセスは、峠のちょい手前まで登坂車線がついているため、ストレスフリーです。

そして、開店間もない時間にうどん屋さんに到着。
IMG_20190616_112004
はうす というお店ですが、県立高校のすぐそばなので、平日は高校生も来るのでしょうか。

肉きんぴらうどんを頂きました。550円。
IMG_20190616_112435
すりだねが美味しかったです。肉ときんぴらも甘辛くて好み。
麺は、もっとコシが欲しいかな。
ちなみに、富士吉田はしょっちゅう来るのですが、吉田のうどんを食べるのは初めて。たいてい、お店が開く前に帰るか、通りすぎちゃうので。

お店ですが、同じ敷地でパブもやっているようで、道から見える看板はこんなです。
IMG_20190616_114109

そして、12時前にはお店を出て、道志みち通って帰りました。
帰り道、いつも思うのですが、道の駅どうしから相模原側にいつも渋滞が発生してますよね。
道の駅の駐車場待ち渋滞なのですが、あれは何とかしてくれないのですかね。

本日の走行距離:300kmちょうど
本日の燃費:約23km/Lだったと思う。割と良かった。
市街地ではラジエーターファンが回りっぱなしで、アチチになってきました。マヂで夏場はやけどしますね、これは。

道志みち→大菩薩ラインのプチ山梨周回 3回目

道志みちで行って、大菩薩ラインで帰ってくるルートでツーリングしてきました。今年3回目のルート。

気に入ったので、個人的にはプチ山梨周回ルートと名付けて、今回はちょっぴりアレンジ。
往復のルートはあまり変わりませんが、河口湖と甲州あたりで前回と違う道を通ったので、その辺りの感想も。

行きの道志みちは朝6時台に通過。日曜日だったので、大型車も走っておらず、車も少なめ。
ですが、天気が良いこともあって、バイクが今までで一番多かったと思います。
一部、相当な長さでバイクが連なって走っていました。特に騒音的に住民の方に迷惑なので、朝っぱらから長~く連なっちゃうのは避けた方が良いの思うのですが・・・。

山中湖に7時過ぎに到着し、いつもの駐車場で休憩しようと思ったら、マラソン大会のために閉鎖。
富士山が晴れてきれいに見えていたのですが、撮影は河口湖まで移動してから。
大石公園で一枚。
IMG_20190526_074315
まだ営業時間前です。

ここから甲州方面へは、国道は使わずに県道719→36号を通りました。
地図だと、ここです。

いい道でした。
車はほとんど通っていませんが、道幅は普通に2車線とられており、路面も悪くなく。
途中、路線バスとすれ違ったので、タイミングが悪いとバスの後ろにくっつくことになりますが、追い越し可の区間が多く、どこかで追い越せると思います。
甲州に行くには少し大回りになりますが、ツーリングとしては、国道137号を使うよりも楽しめるのでお勧め。時間的にも、下手すると早いこともあり得る感じ。

今回は、ほったらかし温泉まで行かずに、笛吹川フルーツ公園でブラブラ。とにかく暑かったので、温泉に入るという気分にはならないですね。
IMG_20190526_092313
冬とは違って霞んでいますが、良い景色が広がります。

フルーツ公園の奥の方のドームには、お土産屋とレストランが入っているのですが、いつも間にかリニューアルされていました。
IMG_20190526_090830

お土産屋の中です。
IMG_20190526_091426
なんか、おしゃれな感じ。その場でワインを飲んだりもできるようです。

個人的な感想としては、野暮ったい店内でしたが、前の方が良かったですね。今は縦に並んだワインが見づらいです。下の2段の文字を読むのにしゃがむ必要があって。
そしてお土産に買ったワインが、棚に書かれている値段よりも200円高かった。これは客としては致命的にいただけないですね。

レストランは夜22時(ラストオーダー21:30)までの展望レストランになっていました。(昔は大戸屋が入っていましたね)
夜に来て夜景を見ながら食事してみたいですが、ツーリングでその時間にはこないしなー。一人でレストラン入るのも敷居が高いし。

この後もこないだと違うルート。
公園から北側のフルーツラインを通ってみました。一部を通っただけですが、割と最近開通したと思われる道もあり、気持ちの良い道です。ここは、次回以降も通ろうと思える良い道です。

なお、公園を出て1kmいかない程度の所で、土砂が道に流出しており、10mくらい完全なダート(泥)になっていましたので、調子に乗った走りをしないように注意。

なお、今回は南側から走りましたが、北側からだと眺めのよい場所があるようなので、次回は逆方向で走ろうと思います。


そして、大菩薩ラインに入り、柳沢峠を越えてちょっとのところにある"はまやらわ"さんに立ち寄り。
お土産にわらび餅を購入しました。
IMG_20190526_100706
道沿いの建物はダミーです。売店と甘味処は橋を渡った向こう側。
IMG_20190526_100735

お土産だと1個685円で、量としては2人でお茶請けにできるくらいです。
その場でも食べられますが、確か1,000円超えるかな。ゆったり休憩兼ねてデザート食べるのも良いと思いますが、男一人で食べても・・・なので、私はお土産専門です。

そして、念願の多摩里場さんに寄りました。
IMG_20190526_104945
10時半前に着きましたが、まだフードは準備中とのことで、アイスコーヒーを頂きました。
走っていくバイクを眺めながら、外のテーブルでゆっくり休み、11時に出発。

その後は、奥多摩周遊道路を通って帰るルートですが、奥多摩周遊道路の途中(西側1/4くらいのところ)に白バイの集団が林の中に。
はみだし追い越しの取り締まりをしていたと思われます。
東西両側ともにゆるいカーブが続いて、ちょっと直線になったところです。(って、詳しい場所はわからないですよね・・・)

取り締まりを見つけると、その後の走りが慎重になりますよね。やること自体に効果があるんだなぁ。
事故に注意しながら山道抜けて、五日市の辺りから新滝山街道まではGoogle先生が指示する抜け道を通りつつ、八王子ICまで。
そのまま中央道を通って帰宅しました。

本日の走行距離:300km
本日の燃費:22.7km/L

ギャラリー
  • 夏の終わりに信州へ
  • 夏の終わりに信州へ
  • 夏の終わりに信州へ
  • 夏の終わりに信州へ
  • 夏の終わりに信州へ
  • 夏の終わりに信州へ
楽天市場
プロフィール

ぴぐもん

  • ライブドアブログ