ツーリングときどきキャンプとか

ツーリング日記と、たまにキャンプツーリング日記。メンテナンスなども書いていきたいと思います。

南伊豆

南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道

爪木崎で水仙を見た後、南伊豆町の明日葉さんへ行きました。
DSC_0734

日帰りツーリングのときは開店時間前に南伊豆を出発してしまうので、やっと寄れた感じ。

注文は鴨せいろ。
DSC_0730
お蕎麦は細切りですがコシがあり、おいしい。好みの蕎麦です。
汁はネギたくさんで、鴨のだしが出ていて、こちらもおいしい。食べ終わった後の蕎麦湯がこれまたうまい。
蕎麦湯でお腹いっぱいになりました。

で、こちらに来た最大の目的はこれ。(すみません、蕎麦屋に来ておきながら)
DSC_0731

生で見たかった。
そして、出前機をどうやって固定しているのかも見たかった。
DSC_0732
リアキャリアが作りこまれてました。

昔、これと同じカタナに乗ったことがあるのですが、低速走行がエンジン的にもバランス的にも難しく、出前をするには相当なテクニックが必要そうです。

ツーリング1日目はこまにして宿に行き、温泉でゆっくり。最高に充実した1日でした。

なのですが1泊して・・・の前に、疲れて寝た直後に津波注意の警報音にたたき起こされ・・・
下田の港にあるホテルに泊まっていたので、津波がきたらバイクは流されるなーとか、上の階までは来ないよなーとか心配しながら夜中のテレビを見てました。
大きな津波はこないっぽいとわかり、深夜に就寝。

今一つ寝足りませんが、温泉なのでまずは朝風呂。
そして朝メシ。
8:30には出発です。

観光は昨日したので(お土産も買ってある)、伊豆の西側海岸沿いに一気に北上します。

道が空いていて気持ちいい。ペースも上がります。
堂ヶ島でトイレ休憩。珍しく波も穏やかで遊覧船も動きそうなものですが、9時すぎでまだお店はやっていませんでした。(運休中ですかね?)
コロナ前は9時には営業していた気がしますが。
DSC_0737

そして戸田。富士山きれい。
DSC_0739

さらに北上して西浦のあたり。
DSC_0744
海がとてもきれいです。
夏の海水浴に来たい。(バイクじゃ厳しいですね)

と、写真はこれだけ。
いいペースで昼に箱根を超えて一気に家まで。(都内)
なんだか神奈川の街中も車が明らかに少なくて快適でした。

とはいえ、下田は遠い。下道で約6時間かかって無事帰宅。


ツーリングプランで石廊崎オーシャンパーク

IMG_20190502_095612
ツーリングプランが始まったので、高速を存分に使わないと行きにくい石廊崎まで、5/2に行ってきました。
石廊崎は前々から行きたかったのですが、駐車場を整備してるなー、という光景を見ていたので、新規オープンするまで今まで立ち寄らずにいました。
その駐車場も、石廊崎オーシャンパークとして4/1にオープンし、ツーリングプランも始まって高速を使いやすくなったので、満を持して行ってきました。

ケチるときは東名は東京ICから乗らないのですが、乗り放題なので遠慮なく東京ICから乗りました。
ルートはこんな感じです。


出発は東京ICを5時半くらい。GWの真ん中位の半端な日だったため、混んではいましたが止まるほどの渋滞はなく長泉沼津まで行けました。
微妙だったのは天気。家を出発する時点では雨が上がったばかりで車の巻き上げで濡れ、秦野中井から御殿場を過ぎるまでは霧のような霧雨のような天気で濡れましたが、服まではしみてこなかったのでカッパは着ずに。

いつも休憩する秦野中井PAが霧雨の中だったため、休憩とらずに一気に内浦三津へ。7時すぎに到着。いつものセブンイレブンでコーヒーとパンで朝食です。
ここまでくると天気はソコソコ回復してきましたが、富士山まで見えるほどではありません。
IMG_20190502_071500
いつものセブンイレブン裏からの淡島。富士山は雲の中ですね。
駐車場に、シーパラダイスの移動水族館が止まっていました。
IMG_20190502_071428

朝食を取りながら、ここから南伊豆までのルートを考えます。
行きの高速の感じだと、山の上の方はまだ雲の中か、晴ても路面はウェットであること間違いなしなので、西伊豆スカイラインは帰りに通ることに決定。
体力があるうちにワインディングも楽しみたいので、海っぺりをたどっていくことにしました。
所要時間が2時間はかかりそうなので、途中コンビニあたりで休憩することも頭にいれて。

少し登ったところからの大瀬崎。いつもと違う角度から一枚撮ってみました。
IMG_20190502_075204
土肥の辺りでまた霧に包まれましたが、他はこんな天気の中をひたすら南下。

休憩は松崎町のファミリーマートで。
IMG_20190502_085458
松崎町は伝統的な「なまこ壁」を名物にしていますが、ファミリーマートの隣にある家もなまこ壁になってました。なのですが、写真じゃわからんですね。撮る角度を失敗しました。

ちょいと休んでから、マーガレットラインを通って一気に石廊崎へ。マーガレットラインは何度通っても景色とワインディングが楽しいですね。
そういえば、GW中なのですが交通量は普段の週末と変わりなく。GW中に増える取り締まりにも気を付けていたのですが、一つも見かけることなく快適なツーリングです。

そして、9:40に石廊崎オーシャンパークに到着。
IMG_20190502_093722
4/1にオープンしたばかりで、アスファルトも白線もきれいです。

駐車場は、GWなのにすいていました。10時前ってこともあるかな。
IMG_20190502_094009
ちなみに、バイクの駐輪代は100円です。

駐車場のすぐ向かいには食堂もあるレストハウスがあります。
IMG_20190502_101435

ここでジオソフト350円を食べました。
IMG_20190502_100609
ソフトクリームに塩を振りかけて「ジオソフト」。伊豆半島ジオパークをかけたダジャレです。
味の方は、そのまんま塩+ソフトクリームです。
食べる側としても、ダジャレに付き合うつもりくらいが良いと思います。

駐車場横には簡易な地図。
IMG_20190502_094326

結構簡単に、石廊崎の灯台と先端には行けそうなので、早速散歩です。

レストハウスから5分も歩かずに灯台に到着。

IMG_20190502_095153
さらにそこからほんの数分で、先端に到着です。

IMG_20190502_095437
ここには神社があります。スルーしちゃったのですが、お守りがあればお土産に良いと思います。結構来づらい場所ですから、ご当地物は思い出に良さそうです。

IMG_20190502_095612
岬の西側も良い景色で海もきれいです。

さて、本日の目的は達せられたので、帰路につきます。
とりあえず、東側を回って道の駅 下賀茂温泉 湯の花へ。
IMG_20190502_105545

ここの道の駅は農産物が豊富に安く売っているので、お土産に買っていこうかと思い。
で、そら豆2袋とあく抜き済みの筍を購入。かなりボリュームがあったので、さすがのWデッキシートバックもパンパン。

さらには、5/2限りで下田産イカ焼きが300円で販売中。イカ大好き人間としては見逃すことはできず。
IMG_20190502_105046
タイミング悪く、前に大量にお客さんが注文していた関係で、20分くらいかかっちゃいましたが、満足。

時刻は11:15。こうなったら昼食もイカにするかと、西伊豆の沖あがり食堂に向けて出発。
12時ちょい前に着いたのですが、すごく混み合っていたのでパスしました。いつもなら空いている時間なのになぁ。GWのせいか、これからのシーズンはこうなのか。

山の方も天気は良くなっているのが見えたので、当初予定通り西伊豆スカイラインに向けて再度出発。
ついでに、昼食を西天城高原 牧場の家でとりました。
ここも、初めて見るほどの賑わいで、塩カツオうどんを注文したものの、20分以上かかったかな・・・。混み具合からして仕方なし。

しかし、とても良い景色の中で昼食をとれたので、まあ満足です。
IMG_20190502_124057

お腹を満たしたら、西伊豆スカイラインを北上。
富士山は見えないものの、良い天気で気持ちよく走れました。
IMG_20190502_130749

戸田峠までサクッと走り切った後のルートですが、いつもならちょっと下って県道127号を使うのですが、それでは芸がないので、今回は西伊豆スカイラインから直進して西浦の真ん中へ突き抜ける道を通ります。かなりの山道です。
ちょうど一年前、Ninja400でUターンごけした痛い記憶がある道なので避けていたのですが、気持ちを切り替えてチャレンジ。

最初の方は、2車線の道で走りやすい道です。
途中、展望台跡のような場所もあり。
IMG_20190502_131536
草むらの中には、木のテーブルと椅子が朽ちていました。

走っているとだんだんと道が怪しくなります。2車線あるけど、自然に帰りつつある道で、実質1車線のような。
IMG_20190502_131935
軽いバイクで走る分には楽しいんですけどねー。

ここをすぎると(西浦側)さらに道は悪くなり、車がすれ違い不可能な山道になります。
初めて一人で通ったら心細いでしょうね。

ただ、今回はバイクと何台もすれ違いました。転がして起こせなくなっても大丈夫だわー、とちょっと安心。Ninjaを転がしたときは、谷側に倒したために自力で起こせず、ミカン農家のおねえ様に手伝っていただいたという・・・。
今回は何のトラブルもなく走り抜け、西浦到着。そのまま帰路を急いで長泉沼津ICへ直行しました。

あとは東名高速を通って帰っただけですが、あえて書くとすれば、途中で夕立にあって結構濡れたというくらいかな。上下ともに中まで結構濡れちゃいましたが、走りながら乾かして特に問題なし。

本日の走行距離:430kmくらいだったかな
本日の燃費:23.7km/L 結構よかった

西伊豆と南伊豆ツーリング

2018年11月10日、ツーリングプランを利用して西伊豆を通って、南伊豆まで行ってきました。

目的は、西伊豆スカイラインが紅葉しているかもなー、というのと、南伊豆で干物を買おうかと。

東京を出発して、渋滞前に行き、渋滞前に帰ってくるスタイルが基本なので、夜明け前に出発て東名高速の中井PAに6時着。

DSC_0689
ちょうど日出の時間くらいですが、雲(霧?)で薄ら明るい。土曜日なのでトラックが多いですね。日曜日だとお仕事されている車は少ないのですが。

長泉沼津ICで降りて、伊豆半島の西に出ます。
まずは、朝メシ。
DSC_0691
奥に見えるのは淡島です。

ここから、最初のメインイベントである西伊豆スカイラインを目指します。時間は8時まえ。
天気予報は晴れだったのですが、山の方を見るとちょっと雲がかかってますね。着くころには晴れるかな、どうかな、で行ってみたところが濃霧・・・・
道路もところどころウェットな状態で、こわごわ走る羽目になりました。
そんな中、一瞬霧が晴れた瞬間にとった写真がこれ。
西伊豆スカイライン181110
今日の午後から、明日の午前中くらいには最高のコンディションになりそうだな、と。
ちなみに、朝8時という時間と、濃霧のために皆避けたようで、バイク・車と一台もすれ違わないという貸し切り状態でした。
とはいえ、走っていて恐ろしいので、西天城高原牧場の家までは走らずに途中で降りて土肥に向かいました。

国道136号を通り、土肥に出てそのまま海沿いを南下します。
天気が良いと、西伊豆の海がきれいでとても気持ち良い。
堂ヶ島でトイレ休憩して、南伊豆を目指します。時間はちょうど9時。
堂ヶ島181110

ひたすら海沿いを走って、目指すは旭洋丸水産さん。
石廊崎側から走ると、アロエセンターの方が目立つのですが、その真向かいあたりですね。
ここで、サバみりんとあなごみりんを買いました。要冷蔵なのですが、冷凍されていたようなので、半日もつかなーと。

ちなみに、この時点で気温は体感で25度を超え、冬装備のジャケットだと汗だくです。
ジャケットの中を半袖一枚に脱いでから、復路へと。
(気象庁の記録を見たら21度でした。無風で良い天気だったので熱く感じたようです)

この日は、石廊崎前後でたくさんのマラソンランナーとすれ違いました。
地元の運動会みたいなものかな?と思い、旭洋丸水産さんで聞いたところが、100kmマラソンだとか。Σ('◇'*)エェッ!?
Webを調べてみたところ、みちくさウルトラマラソンですね。右手首をひねるだけで前に進むような乗り物ですら疲れるというのに、とてもじゃないけど参加できんわ。

復路は来た道そのまんまではつまらないので、弓ヶ浜まで足を伸ばしてから昼食予定地へ。
弓ヶ浜181110
南伊豆には何度も来ているけど、何気に弓ヶ浜へ寄ったのは初めて。
週末だけど、シーズンオフの午前中だけあって、静かで広い浜がとても気持ちよかった。

昼食前に温泉にも立ち寄りたいとは考えていたものの、このペースだと帰りの東名の渋滞に巻き込まれそうなのと、気温が上がって、温泉が幸せじゃない感じがしたので堂ヶ島まで直行。

目的は寿司屋の地魚寿司だったのですが、目当ての寿司屋の開店が貸し切りのために40分遅れになってた。
仕方ないので堂ヶ島の魚季亭で「アジのたたきぶっかけ飯富士山盛り」を食しました。
アジのたたきぶっかけ飯富士山盛り
限定何食かですが、1,750円で結構おいしくて満足。結果的には地魚寿司よりもよかったかな。

あとはもう帰り道モード。西伊豆スカイラインを通ろうかとちょい悩んだけど、海岸沿いも気持ちが良かったので、そのまま海沿いを土肥、戸田、西浦と通って東名へ。

急いだ甲斐あって、全く渋滞もなく帰宅しました。15時。

本日の走行距離:480km
燃費:30.5km ←他の人のNinja400より悪いですよね・・・

帰宅後に洗車とチェーンメンテナンスしました。チェーンメンテナンスについてはそのうちブログに書こうかな。

長泉沼津ICからのルートを書くとこんな感じになりました。

西伊豆スカイラインが途中までなのが悔やまれますね。
国道414を通れば、時間短縮はできる可能性ありますが、海沿いの方が道は空いています。ワインディングも楽しいしね。

続きを読む
ギャラリー
  • 南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道
  • 南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道
  • 南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道
  • 南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道
  • 南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道
  • 南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道
楽天市場
プロフィール

ぴぐもん

  • ライブドアブログ