ツーリングときどきキャンプとか

ツーリング日記と、たまにキャンプツーリング日記。メンテナンスなども書いていきたいと思います。

西伊豆スカイライン

丸天の海鮮かき揚げは辛かった 伊豆小回りついでに

1ヶ月ぶりに伊豆に行き、それが目的ではないのですが、前々から食べてみたかった丸天の海鮮かき揚げ丼を食べてきました。

今回はツーリングプランではないので、高速代節約+時間はなるべく短縮ってことで、横浜青葉-厚木間は東名を使い、西湘バイパスを使って小田原までアクセス。帰りも同じルート。

西湘バイパスでトイレ休憩。
天気はいいけど雲も多い。
IMG_20190601_061322

小田原から先のルートはこんな感じです。

伊豆を、山の中通って右小回りしてきた感じです。

まずは、伊豆スカイラインで冷川まで。「冷川」って読めなくて、調べちゃいました。「ひえかわ」ですね。
玄岳ICのちょっと先にある駐車場から富士山側を見た写真です。
IMG_20190601_071909
拡大して見ないと富士山がわからないですね。
この日は天気は良かったですが、遠くは霞んで良く見えない一日でした。

事故が多いという伊豆スカイラインですので、慎重に走って冷川ICで降りました。道中、まだ朝はうすら寒かったのですが、夏の暑い時期なら最高でしょうね。
IC降りたところにできたばかり(多分、開店3日目くらい)のセブンイレブンを発見したので、安売り86円のアメリカンドッグを購入して朝食です。
IMG_20190601_075106

ここから西に向かいます。目指すは西伊豆スカイライン。
元々、県道59号が気になって冷川まで行ったので、予定通り59号に入って進みます。

そして、予想通りに超山道。
枝道も多く、たまにある標識を見ないと不安になる道です。車のすれ違いは非常に困難なはずの道幅。
IMG_20190601_081155
写真だと2車線くらいありそうな明るい道に見えますが、車とバイクがすれ違うのがギリギリで、木々に囲まれて薄暗い山道です。舗装林道としか思えないのですが、これで県道なんですよね。

伊豆はメインルートを外れるとこんな道ばっかりですよね。
慣れてきましたが、GSX-S1000Fは小回りがきかず、取り回しも厳しいので、悪路に迷い込まないかおっかなびっくりです。エイプだったら気が楽なのですが。

国道414号に出たところで給油+コンビニ休憩。
そして、また県道59号を使って西伊豆スカイラインを目指します。
途中、道に迷ったり。県道124号を通って59号を目指したのですが、この道路標識を見逃しました。
IMG_20190601_085037
仁科峠が左矢印で書かれてますが、まっすぐ行っちゃいますよ・・・。
そして、県道59号に戻ってからも、舗装林道のような山道が大半でした。

そんなこんなで西伊豆スカイラインに入り、西天城高原牧場の家でソフトクリーム休憩。
ここが折り返し地点で、やっと爽快な西伊豆スカイラインの2車線道路を北上します。

折角なのでいつもと違うところに寄ろうかと思い、土肥駐車場。
IMG_20190601_092849
目の前に背が高めの気が茂っているため、眺めは悪いです。

そして、手入れされなくなった駐車場の外側には、自然に帰りつつあるテーブルと椅子が。
IMG_20190601_092942
写真、左奥の方に、草の中に埋もれた机があります。

まっすぐ北上して海に出てから、食事営業前の内浦漁協直営 いけすやに立ち寄り。
IMG_20190601_100436
時刻は10時なので、食堂はまだやっておらずガラガラです。
9時から物品販売をやっています。何かお土産ないか見たのですが、暑い中バイクで持って帰るのは厳しそうな干物がメインだったので、パス。

そして、この辺りで、表題にある丸天に行こうと思い立ちました。
目指すは丸天卸団地店なので、11時の開店までには時間があるため、知人から安いと教わった近くの市場?に寄ってみました。
IMG_20190601_103848
「食遊市場」という所で、場所はこの辺です。

建物の中には、八百屋、魚屋、肉屋、酒屋、パン屋、etc.食料関係の小売り店が入っており、食料品なら何でもそろいそう。
値段は、劇的ではないものの安いです。伊豆にファミリーキャンプ行くなら、ここで調達していきたいですね。
ソロキャンプだと、どれを買っても量が多くて消費しきれない、というか、バイクじゃ運べない。パン屋で焼き立てパンを買っていくのが限界かな。

で、お土産をまだ買っていなかったので、大量に野菜を買っていく地元の人たちの中、1点だけ購入しました。
line_1559377788640
380円+税だったので、1個100円強。わりと高級か?

食遊市場から丸天までは、ほんの1,2分で着いちゃうので、開店の11時まで10分くらいフラフラしてから丸天に行きました。
そして、開店直後に入店一番乗り。土曜日ですが、その後11時半過ぎても待ちは発生していませんでした。

丸天には魅力的なメニューがたくさんあったのですが、どうしても現物を見てみたかったので海鮮かき揚げ丼を注文です。
ちなみに、その後入店された人は、誰一人としてかき揚げ丼は注文していませんでした・・・。
そんな不安な状況の中、ついに目の前に現れたかき揚げ丼。
IMG_20190601_111409

食べ方は、横に倒してたれをかけ、ほぐしながら食べるそうです。
言われた通りに食べましたが、まず、下半分がぎっちり詰まっていて重い。箸と蓮華を駆使して横にたおして、ほじくるように食べました。
味の方ですが、上の方は軽めの食感で良いのですが、下半分は小麦の塊のような重さで、味も小麦と玉ねぎが主体。
なんとか完食を目指したのですが、最後数口食べきれませんでした。そして、家に帰ってからも胃もたれ&ちょい戻しが続くという・・・。どうせ残すなら、美味しく食べられる範囲でやめておけばよかったと後悔。
目的は果たしたので、今度行ったら是非普通の定食を食べたいです。

ギブアップしてすぐ、11時半過ぎに会計を済ませて、重いお腹を抱えながら熱海峠経由で帰りました。

ところで、途中の十国峠で休憩した際に、FIエラーが発生して焦りました。エンジンかからず。
過去にもFIエラーがちょくちょく発生しており、ロングツーリングに行くには不安な状態だったのですが、検索していたらスマートパス(ENEOSでタッチするだけで会計できるやつ)がキーと接触していると発生するという情報を入手。今度再現したらスマートパスの状態を確認してみようと思います。


本日の走行距離:350kmくらい?
本日の燃費:22.7km/L

ツーリングプランで石廊崎オーシャンパーク

IMG_20190502_095612
ツーリングプランが始まったので、高速を存分に使わないと行きにくい石廊崎まで、5/2に行ってきました。
石廊崎は前々から行きたかったのですが、駐車場を整備してるなー、という光景を見ていたので、新規オープンするまで今まで立ち寄らずにいました。
その駐車場も、石廊崎オーシャンパークとして4/1にオープンし、ツーリングプランも始まって高速を使いやすくなったので、満を持して行ってきました。

ケチるときは東名は東京ICから乗らないのですが、乗り放題なので遠慮なく東京ICから乗りました。
ルートはこんな感じです。


出発は東京ICを5時半くらい。GWの真ん中位の半端な日だったため、混んではいましたが止まるほどの渋滞はなく長泉沼津まで行けました。
微妙だったのは天気。家を出発する時点では雨が上がったばかりで車の巻き上げで濡れ、秦野中井から御殿場を過ぎるまでは霧のような霧雨のような天気で濡れましたが、服まではしみてこなかったのでカッパは着ずに。

いつも休憩する秦野中井PAが霧雨の中だったため、休憩とらずに一気に内浦三津へ。7時すぎに到着。いつものセブンイレブンでコーヒーとパンで朝食です。
ここまでくると天気はソコソコ回復してきましたが、富士山まで見えるほどではありません。
IMG_20190502_071500
いつものセブンイレブン裏からの淡島。富士山は雲の中ですね。
駐車場に、シーパラダイスの移動水族館が止まっていました。
IMG_20190502_071428

朝食を取りながら、ここから南伊豆までのルートを考えます。
行きの高速の感じだと、山の上の方はまだ雲の中か、晴ても路面はウェットであること間違いなしなので、西伊豆スカイラインは帰りに通ることに決定。
体力があるうちにワインディングも楽しみたいので、海っぺりをたどっていくことにしました。
所要時間が2時間はかかりそうなので、途中コンビニあたりで休憩することも頭にいれて。

少し登ったところからの大瀬崎。いつもと違う角度から一枚撮ってみました。
IMG_20190502_075204
土肥の辺りでまた霧に包まれましたが、他はこんな天気の中をひたすら南下。

休憩は松崎町のファミリーマートで。
IMG_20190502_085458
松崎町は伝統的な「なまこ壁」を名物にしていますが、ファミリーマートの隣にある家もなまこ壁になってました。なのですが、写真じゃわからんですね。撮る角度を失敗しました。

ちょいと休んでから、マーガレットラインを通って一気に石廊崎へ。マーガレットラインは何度通っても景色とワインディングが楽しいですね。
そういえば、GW中なのですが交通量は普段の週末と変わりなく。GW中に増える取り締まりにも気を付けていたのですが、一つも見かけることなく快適なツーリングです。

そして、9:40に石廊崎オーシャンパークに到着。
IMG_20190502_093722
4/1にオープンしたばかりで、アスファルトも白線もきれいです。

駐車場は、GWなのにすいていました。10時前ってこともあるかな。
IMG_20190502_094009
ちなみに、バイクの駐輪代は100円です。

駐車場のすぐ向かいには食堂もあるレストハウスがあります。
IMG_20190502_101435

ここでジオソフト350円を食べました。
IMG_20190502_100609
ソフトクリームに塩を振りかけて「ジオソフト」。伊豆半島ジオパークをかけたダジャレです。
味の方は、そのまんま塩+ソフトクリームです。
食べる側としても、ダジャレに付き合うつもりくらいが良いと思います。

駐車場横には簡易な地図。
IMG_20190502_094326

結構簡単に、石廊崎の灯台と先端には行けそうなので、早速散歩です。

レストハウスから5分も歩かずに灯台に到着。

IMG_20190502_095153
さらにそこからほんの数分で、先端に到着です。

IMG_20190502_095437
ここには神社があります。スルーしちゃったのですが、お守りがあればお土産に良いと思います。結構来づらい場所ですから、ご当地物は思い出に良さそうです。

IMG_20190502_095612
岬の西側も良い景色で海もきれいです。

さて、本日の目的は達せられたので、帰路につきます。
とりあえず、東側を回って道の駅 下賀茂温泉 湯の花へ。
IMG_20190502_105545

ここの道の駅は農産物が豊富に安く売っているので、お土産に買っていこうかと思い。
で、そら豆2袋とあく抜き済みの筍を購入。かなりボリュームがあったので、さすがのWデッキシートバックもパンパン。

さらには、5/2限りで下田産イカ焼きが300円で販売中。イカ大好き人間としては見逃すことはできず。
IMG_20190502_105046
タイミング悪く、前に大量にお客さんが注文していた関係で、20分くらいかかっちゃいましたが、満足。

時刻は11:15。こうなったら昼食もイカにするかと、西伊豆の沖あがり食堂に向けて出発。
12時ちょい前に着いたのですが、すごく混み合っていたのでパスしました。いつもなら空いている時間なのになぁ。GWのせいか、これからのシーズンはこうなのか。

山の方も天気は良くなっているのが見えたので、当初予定通り西伊豆スカイラインに向けて再度出発。
ついでに、昼食を西天城高原 牧場の家でとりました。
ここも、初めて見るほどの賑わいで、塩カツオうどんを注文したものの、20分以上かかったかな・・・。混み具合からして仕方なし。

しかし、とても良い景色の中で昼食をとれたので、まあ満足です。
IMG_20190502_124057

お腹を満たしたら、西伊豆スカイラインを北上。
富士山は見えないものの、良い天気で気持ちよく走れました。
IMG_20190502_130749

戸田峠までサクッと走り切った後のルートですが、いつもならちょっと下って県道127号を使うのですが、それでは芸がないので、今回は西伊豆スカイラインから直進して西浦の真ん中へ突き抜ける道を通ります。かなりの山道です。
ちょうど一年前、Ninja400でUターンごけした痛い記憶がある道なので避けていたのですが、気持ちを切り替えてチャレンジ。

最初の方は、2車線の道で走りやすい道です。
途中、展望台跡のような場所もあり。
IMG_20190502_131536
草むらの中には、木のテーブルと椅子が朽ちていました。

走っているとだんだんと道が怪しくなります。2車線あるけど、自然に帰りつつある道で、実質1車線のような。
IMG_20190502_131935
軽いバイクで走る分には楽しいんですけどねー。

ここをすぎると(西浦側)さらに道は悪くなり、車がすれ違い不可能な山道になります。
初めて一人で通ったら心細いでしょうね。

ただ、今回はバイクと何台もすれ違いました。転がして起こせなくなっても大丈夫だわー、とちょっと安心。Ninjaを転がしたときは、谷側に倒したために自力で起こせず、ミカン農家のおねえ様に手伝っていただいたという・・・。
今回は何のトラブルもなく走り抜け、西浦到着。そのまま帰路を急いで長泉沼津ICへ直行しました。

あとは東名高速を通って帰っただけですが、あえて書くとすれば、途中で夕立にあって結構濡れたというくらいかな。上下ともに中まで結構濡れちゃいましたが、走りながら乾かして特に問題なし。

本日の走行距離:430kmくらいだったかな
本日の燃費:23.7km/L 結構よかった

ギャラリー
  • 南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道
  • 南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道
  • 南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道
  • 南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道
  • 南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道
  • 南伊豆の蕎麦屋さん、そして帰り道
楽天市場
プロフィール

ぴぐもん

  • ライブドアブログ