金曜日の午後から時間がとれたので、週末は混んでいるっぽい青根キャンプ場に行ってきました。

昼ご飯も食べずに家を出たので、行きがけに昼食。
南大様の丸源ラーメンで肉そばと鉄板玉子チャーハンを食しました。八王子・多摩の方ではメジャーなのかもしれませんが、初訪問です。
IMG_20190524_121640
IMG_20190524_121943
味の方ですが、肉そばは複数の具が薬味のような感じで、飽きることなく食べられて美味しかった。ただ、血圧を気にするお年頃の私には、ちょっと塩辛かった。
鉄板玉子チャーハンについては、多分、玉子が半生のうちに巻いたりすべきだったのでしょうが、完全に焼けてから食べたために、ただのチャーハンでした。
ランチで税込み950円という価格からすると、ラーメンだけでいいかな。

夕飯と、暑かったのでシュワシュワする酒類を買い込んで、青根キャンプ場への到着は14時すぎ。
まず受付して場内に入る所で、場内の橋が流されて工事中だったためにテントサイトへの通行が不可。
一旦、道志ダムまで行って川を渡り、裏の通行口から入場しました。ダム放流時も橋を使えなくなるようなので、よく行く人はおなじみなのかもしれませんが、橋が流されるというのには驚きました。
IMG_20190524_181537
17時過ぎには工事が終わり、翌土曜日は通行できていました。

さて、テントサイトですが、平日とはいえ金曜日ということで、そこそこテントが張られていました。が、場所を探すような必要はなく、お隣との距離も十分にとれる場所が十分に空いている状態。
多分、多くの人は連泊するのでしょうね。

テントを張ったのは、リバーサイトという方で、マイナーな狭いサイトです。狭いのですが、当日は3グループしかいなかったので悠々でした。
IMG_20190524_145610
空いている日なら、張り方失敗しても見ている人がいないだろうと思い、人生初タープにも挑戦。
ちょっと弛んでしまいましたが、次回はうまく張れるかな。

ただ、ここのキャンプ場はタープもお金がかかったので、ソロバイクで3,000円超えと痛い出費に。
炎天下の中のタープは役に立ったので良いのですが、次回以降はタープ込みの料金設定の所で張ろうと思います。(もしくはソロじゃないときにでも)

汗だくになって設営が終わり、早速500缶を空けたところで場内を散歩しました。
こっちが広いグリーンサイト。
IMG_20190524_154417
写真ではわかりにくいですが、奥行きは見えている倍くらいあります。

IMG_20190524_155156
比較対象で、こちらがリバーサイト。奥に見えているところまでがサイトで、白線が見える左側(川沿い)半分は電源付きの予約サイトです。
通路部分を考えると、見えている面積の半分しかフリーで使えません。

散歩を終えて、空き缶が3個になったところで日も陰ってきて、涼しくなってきました。
さすが川沿いです。というか、5月なのだから寒くてもおかしくないはずなのですが。

昼間大汗かいたので、隣接するいやしの湯に行きました。
工事中の場内の橋も、徒歩なら渡れたので、数分で到着。
IMG_20190524_181933

18時半くらいだったと思いますが、15人くらい(感覚)入浴してましたかね。
食事処併設なので、キャンプでご飯作るの面倒になったら、ここで食事をとるのもアリ。

あとはテントに戻って、おひとり様BBQをやりながら酒を飲み、星を眺めて就寝。
完全に日が暮れると、さすがに薄手の長袖が必要でした。

翌朝は6時頃起きたのですが、川の向かいの管理棟前には入場待ちの車の列が!
直射日光もあたって車の中はサウナ状態ではないでしょうか。
6時半に数えたのですが、20台が並んでいました。もう、びっくりです。やっぱり週末には来れないですね、ここは。

入場が始まるとサイトが埋まってきて、居心地悪くなるので、8時頃からゆっくりと片付けを始めて、9時前には混雑から逃げるように撤退しました。

朝はちょっとせわしなかったですが、良い天気で空いていて、温泉も近く、平日キャンプ最高でした。


10時半には家に帰りつき、エイプ100を掃除していて気が付いたのですが、右のフォークオイルが漏れているっぽい。
うーん、予定外の出費がありそうです。